超絶の底値は把握していますよ

デパートのレジに並んでいたフロア、前にいた女性が、ほんのり待ってて、というレジの店員さんに言い残し、どっかへ行ってしまいました。

ぼくは驚いて、レジの店員さんといった苦笑をするしかありませんでした。一体、どこに行ったんだろう、としていたフロア、女性がトイレットペーパーを2袋持ってレジへ戻ってきました。

そうしてお会計を再始動したのですが、女性が持ってきたトイレットペーパーのプライスにびっくりしました。

誠に、18ロールで298円だったのです。298円という価格はこういうデパートでのトイレットペーパーの底値なのです。

未だに、家屋にはトイレットペーパーのストックは十分にあるのですが、やはり最低価格のところ選べるものは根こそぎ買っておく、というのが私のショッピングポリシーだ。

因みに、以前はトイレットペーパーはダブルを好んで使っていましたが、今は軽減が理由でシングルのトイレットペーパーを選ぶようにしています。

ぼくはきっと絶えず購入する小物については、底値をメモ用紙にメモをとって切り捨てある。その底値を参考に、小物を貰う買わないの決定をしています。

但し、こういうショッピング軽減術は自分でも良し悪しですな、としてある。なぜなら、特売品を貰うためにデパートへ行くテンポが激しくなれば、どうもアレもほしいコレもほしいといった、余計な物を買ってしまうからだ。

この辺りは、私もまだまだま軽減が手緩いなと感じるパーツだ。実際の年齢よりも老けて見えるなら、食事と睡眠を見直してみて。

超絶の底値は把握していますよ