出血を防ぐために家族で注意して掛かる先

うちのおじいさんは心臓に持病があります。薬の中に血栓ができないように血をさらさらにする動作を持つものがあるのですが、その薬の影響で出血が止まらない風習になっています。

まさか切っただけでもティッシュを何枚も使って拭き取り去るぐらいの出血があるので、家族全員で注意していなくてはなりません。爪切りもこちらか女房がやっています。

近年耐えるのが、おじいさんが自分で、しかもハサミで爪を切って仕舞うケース。一般がやっても困難危険なのですが、血液の止まらないおじいさんがするならもっとだ。

おじいさんの近辺にカッターなど刃物は置かないようにしています。但し、補佐様がおじいさんの湿布やガーゼを貼り入れ替えるのに小さいハサミを使うので、それだけ客間に置いてあります。

おじいさんが爪を切りたいというって、祖母に頼んでそのハサミを取らせるみたいです。最近おじいさんがハサミで爪を切っているのを女房が見つけて巻き上げました。取り上げたはいいものの、「見つからない所に置いておく」と言って道筋の一部に置いたのでたちまち祖母がハサミを見つけてしまいました。

こちらが「そのハサミ、切れづらいからこちらが研いでおく」と言っておじいさんのもとにとっていらっしゃるのは避けました。今はこちらという女房しか出入りしない客間に置いてあります。

ただし、ハサミは補佐様が扱うので、来るたびに逐一持って行かなくてはならないのが少々面倒です。お腹の調子を整えるプロバイオティクスとは、どんな働きをしているのか?

出血を防ぐために家族で注意して掛かる先